micro iDSDユーザーの皆様、お待たせしました
iPurifier2_logo.png
iPurifier2
Type A
好評発売中!
iPurifier2_USB-A-02.png

iPhono2_logo.png
micro iPhono2
好評発売中!

iPhono2-05.png

proiCANlogo04.png
pro iCAN
好評発売中!

Pro iCAN 02.134.png

potafes2016_nagoya.jpg
iFi Audioは
ポタフェス2016に参加します。
pro iCAN、iPurifier2(A)など新製品を中心に展示します。

iPFDC_logo.png
スイッチングDCアダプターを一気にオーディオグレード化
特許技術Active Noise Cancellation®による徹底したノイズリダクション
iFiだけのスーパーテクノロジー

iPurifier DC-5.5x2.1.208.png

nanoiusb30_logo.png

nanoシリーズにiUSB3.0登場
USB経由のPCオーディオ再生に必須

webtop用nanoiusb30.png

iCANSE_logo透過.png

電源部を増強し、出力も最大4000mW
駆動できないヘッドフォンはこの世にありません
iCANSE_透過.png

iPurifier2_logo.png

USB-DACの入力端子の信号の乱れを徹底補正
あらゆるUSBオーディオをハイグレードに高めるアクセサリーの決定版
iPurifier2_USB-B-left.png

コンピューター制御で製造され、航空機レベルの精度を持つチタンコーティング・アルミニウム・シェル(ケース)に包まれた、すべてが一新されたiPurifier2は、オリジナルのREbalance®を保持しながら、Active Noise Cancellation®からREclock®やREgenerate®に至るまでの、最新のUSBオーディオ・テクノロジーを備えています。

iPurifier2_USB-B-02.pngiPurifier2_USB-B-01.png

Opening01.jpg
iPurifier2 + iUSB Power + Gemini
iFIの「三種の神器」が
USBオーディオの持てる力を極限まで高めます

Retro_logo.png
オーディオ銘機賞2016「特別賞」を受賞
aaex2016_logo-special.png

独自のプログラミング技術で世界最高スペックDSD512(22.5MHz/24.6MHz)/PCM768KHzへの対応を可能にしたUSB-DAC、AptXに対応したBluetooth、7種類のカーブ(RIAA、CCIR/Teldec、Columbia、Decca、DMM、EMI)に対応したフォノイコライザー、この価格帯としては破格の出力を持つ真空管+A級アンプ(25W+25W)、どんな低能率なヘッドフォンでも鳴らし切る7,000mWのヘッドフォンアンプを搭載したRetro Stereo50と、かつての名作BBCモニターを21世紀の視点から見つめなおし、iFIのオリジナルユニット、ノンネットワークによるタイムアライメントの追求、ダンピングを最小限に抑えるアコースティック・アクティブ・チューニングを採用したLS3.5、セットと分売で好評発売中です。

Retro15web.png

micro iUSB3.0登場!
bb9b.png



Micro iUSB3-01.36.png

ベストセラーとなったiUSBPowerから3年
USB3.0に対応し、
DAC機器とHDDなど二口の機器接続を可能とし
USBノイズだけでなくジッターまで整える
USBオーディオに必須の機器がこのmicro iUSB3.0です!
好評発売中

iDAC2t.png
microiDAC2(2).png
好評発売中
ノーバッテリー(バスパワー駆動)据え置き
USB-DAC兼DDC
ライン出力A級
CA.pngDD.png
DSD256(11.2MHz/12.4MHz)対応
PCM(DXD)384KHz対応
Mac OS(DoP)によるDSD256再生可能
LOGO ver1.5color.png
(2015.07.01)

iFIオーディオが切り開く、新たなオーディオの地平
shutterstock_111700253_UnionJack.png
iFIオーディオはイギリスの伝統ある
ハイエンドオーディオメーカー
AMR(Abbingdon Music Research)の
新しいブランドです。
iFIの理念は、コンピューターやモバイルに
親和性を持つ新しい世代に向けて、
従来のオーディオの枠組みにとらわれない発想により
ハイエンド製品の技術を満載した製品を
買いやすい価格で提供することなのです。