iFi nano iONE
専用ファームウェアとその手順
統合ファームウェア バージョン5.2
“Limoncello(リモンチェッロ)”


1)最新の統合ファームウェア バージョン5.2“Limoncello”
最新の自社開発ファームウェア(注意1) バージョン5.2は「すべての」iFi製品(注意2)で使用できます。nano iONEの出荷時にはこのファームウェアが適用されています。

注意

  1. iFi社製のファームウェアを搭載したXMOSプラットフォーム上でiFi社以外の製品は使用しないでください。
  2. iFi社のネイティブDSDが再生可能なDAC〔iDACを除く〕は独自のものなので、バージョン5.2を使ってアップデートしないでください。またmicro iDACmicro iLinkにも適合していませんので、これらの製品には使用しないでください。


iFi製品をご使用でない方は、XMOSを使用したiFi以外の製品で使用するためにこのファームウェアをダウンロードすることは避けてください。このファームウェアは所有権のあるXMOSファームウェアで、iFiの製品専用です。iFi XMOS DAC以外の製品にこのファームウェアを使用すると、機器が損傷する危険があります。

2) バージョン5.2A - DoP256が可能になります
このバージョン5.2Aによって、DSD256(DoP)が可能になりますが、USBインターフェース・レベルで768kHzが必要になります。

  1. nano iOneはDACレベルでは768kHzをデコードできませんが、USBインターフェース・レベルで768kHZのPCMを受けるようにプログラムすることができるので、SD256(DoP)が可能になるのです。
  2. バージョン5.2Aを使用する際は、PCMのオーディオ設定を手動で正しく変更しなければなりません(特にMacの場合はこれが必要です)。そうしないと、オーディオがまったく出力されなくなります。※Finder→アプリケーション→ユーティリティ→Audio MIMDI設定を開き、iFi (by AMR)....が表示&選択されていることを確認した上でフォーマットの数値を変更して下さい。
  3. 換言すれば、PCMファイルを再生する際にはサンプリングレートを384kHZ以上に設定してはいけないということです。DSD256(DoP)を再生したい時だけサンプリングレートを768kHzに設定してください。
  4. DSDを再生する際にネイティブモード(つまりDoPではない)を使用する場合、あるいはDSDファイルをまったく再生しない場合は、このファームウェアを使う必要はありません。
  5. バージョン5.2Aは、nano iOne以外では使用しないでください。

ステップ1:下記より最新のファームウェアをダウンロードしてください。
保存はデスクトップなどわかりやすい場所を指定して下さい。
No. バージョン 日付 説明 Windows
ダウンロード
Mac OS
ダウンロード 
1.  5.2&5.2A「リモンチェッロ」 May 2016  カスタマイズされたXMOS用ファームウェア
・ DoPの標準仕様にまつわる問題を解決しました。トラックを切り替える時に発生する“クリック音”、ネイティブDSDとの音の違いなどが修正されています。以前と同じように、特別な機能を必要とされる方のために、2つのサブバージョン・ファームウェアを用意しています。
ダウンロード ダウンロード

注意: ファームウェアのアップデートに失敗すると故障の原因になり、修理が必要になります。アップデートの失敗による故障は有償となり、製品保証の適用対象外となりますので、ご了承頂ける場合のみアップデートを実施してください。

ステップ2以降
Windows→ こちら
Mac OS→ こちら