世界初のロスレスBluetooth DAC&ヘッドフォンアンプ。
新開発のaptX Losslessをサポート — CDクオリティのオーディオをロスレスでストリーミングすることができる唯一のBluetoothコーデックで、「しかも」パワフルな5,551mWの出力を誇るので、他の数多くのヘッドフォンアンプの顔色を失わせてしまいます。

ヘッドファイ、デスクファイ、そしてハイファイ。

NEO iDSD2 は、幅広い対応力を持ったスリー・イン・ワンのDAC&ヘッドフォンアンプで、PCオーディオファイルに向けて設計されています。ヘッドファイDAC&ヘッドフォンアンプとしてはご使用のヘッドフォンと苦もなく組み合わせることができ、純粋なDACとしてはご使用のプリメインアンプと一緒に使うことができ、DAC&プリアンプとしてはご使用のアクティブ・スピーカーやパワーアンプと組み合わせることができるのです。

最新のBluetooth 5.4を装備し、新開発のaptX Losslessに対応しているので、オーディオ品質を犠牲にすることなくロスレスでストリーミングすることができる唯一のBluetoothコーデックとなっています。

NEO iDSD2はヘッドフォン出力とライン出力を改善しているので、大きな電力が要求されるヘッドフォンにもパワーアンプにも、十分なパワーを供給します。

君のBluetoothとは違うんだよ。新開発のロスレスなんだから。

NEO iDSD2は最新規格のBluetooth 5.4を搭載。新開発のaptX Losslessコーデックに対応しており、最大で1200kbpsのビットレートを実現することができます。比較すると、aptX Adaptiveは最大で420kbpsのビットレート、LDACはそれよりも高い990kbpsのビットレートです。

しかしながら、aptX Losslessは、音質を低下させる圧縮方法を用いることなくCD品質のオーディオをストリーミングすることのできる、最初かつ唯一のBluetoothコーデックなのです。他のBluetoothコーデックの中には、CD品質や、さらにはハイレゾまでもサポートしていると主張するものがありますが、それらは伝送時にロスの生じる圧縮を行っており、これが音質に悪影響を与えています。

NEO iDSD2はクアルコムが新たに開発したQCC518x Bluetoothオーディオ・チップを使用し、Bluetooth 5.4の資格を有し、aptX Lossless、aptX Adaptive、aptX、LDAC、LHDC/HWA、AAC、SBCといったすべてのBluetoothフォーマットをサポート*しています。

*2023年9月22日現在。ご使用の機器のBluetoothコーデック・サポートをチェックしてください。

前モデルと比較して5倍の出力。

前モデルはちゃんと聞いていただけましたか? NEO iDSD2のヘッドフォン出力は、第一世代のNEO iDSDのなんと5倍なのです。ヘッドフォン・セクションの基本部分にはDiabloヘッドフォン回路を取り入れているため、最大ヘッドフォン出力5,551mW(@32Ω)と、大きく改善されています。専用のヘッドフォンアンプさえをも凌駕するため、それらに冷や汗をかかせます。

Auto iEMatchも搭載しているので、ダイナミックレンジをまったく失うことなく高感度なIEM(インイヤーモニター)の煩わしいヒスノイズを低減します。-12dBから+16dBまでの4つのゲイン設定が可能なため、超高感度なIEMからパワーを要求するヘッドフォンまで、あらゆる製品の適応することができます。

NEO iDSD2は、パワーがあるだけではなく、みなさまの耳に合わせること機能も兼ね備えています。新たに追加されたアナログ処理モードのXSpaceとXBass II、さらには4つのデジタル・フィルターが、サウンドを細かく調節することを可能にしてくれます。XSpaceとXBass IIはどちらも純粋なアナログ信号処理モードで、サウンドステージと低域のレスポンスを調節してご使用のヘッドフォンに合うように設計されています。

縦置きでも横置きでも、あなたのそばにいます

NEO iDSD2は、デスクファイシステムとハイファイシステムのレイアウトに応じて、縦置きにも横置きにもすることができます。新開発の2インチのカラー・ディスプレイは、向きに応じて自動的に回転するようになっています。

デスクファイで使う時は、縦置きにしてスペースを節約することができます。 バランス可変ライン出力に設定すれば、本体のパワフルな最大19.5Vのボリューム機能を用いて、下流の音量をコントロールすることができます。 さらに、そのコントロール部はアナログ回路を採用しているので、どんなデジタル・ボリューム・コントロールよりも音質面で優れています。

ハイファイシステムで使う時は、システムに合わせ横置きにすることができます。純粋なDACとして使い、PCMは32ビット/768kHz、DSDはDSD512、さらにはMQAフル・デコーディングに至るまで、あらゆるハイレゾ音楽ファイルを処理し再生することができます。

GMTフェムト秒精度クロックのアップグレードも可能

内蔵のGMTフェムト秒精度クロックは、スマート・ストレージ・キャッシュと組み合わせて、高度なジッター除去システムを形成しています。デジタル信号内のジッターを効果的に低減し、クリアーでより精確なサウンドを生み出すのです。

もっと精度の高い外付けクロックを所有していれば、あるいは、外付けクロック入力を備えたCDプレーヤーやネットワーク・ストリーマーを所有していれば、NEO iDSD2と他の機器を、10MHz外部クロック入力端子経由で外付けクロックに接続し、さらに精確なクロック信号を得ることができます。

この価格帯で外部クロック入力を備えていることは非常に稀です。とはいえ、外部クロックがなくても、内蔵GMTフェムト秒精度のクロックは、このクラスでは優れたパフォーマンスを実現することができます。

新開発の機能だけでなく、回路も強化。

NEO iDSD2の強化されたPureWave回路設計は、バランス・デュアル・モノ・トポロジーと短い信号経路によって、並外れたリニアリティと限りなく低レベルのノイズと歪みによって実現される純度の高いサウンドを生み出します。

その結果、SN比=120dB以上、ダイナミック・レンジ(DNR)=-120dB(A)、THD(高調波歪み率)=0.0015%以下を実現し、NEO iDSD2のパフォーマンスをもっと高価なDACのものと対等なものにしています。

新開発のiFi Nexis Appをご紹介します。

NEO iDSD2用の新開発のiFi Nexis Appをご紹介します。アプリ内で「NEO iDSD2」を検索して、機能と設定にアクセスします。OTA(over-the-air)アップグレードは簡単で、ネットワーク経由で自動的にアップデートしてくれます。

このアプリはNEO iDSD2をコントロールする便利な方法で、機能設定をたやすく調節することができます。iFi Nexis appをダウンロードしてNEO iDSD2の潜在能力のすべてを体験してください。

技術仕様

ハイレゾのサポートは「トゥルー・ネイティブ」再生によってすばらしいものになっています。32ビット/768kHzまでのPCMデータ、DSD512までのDSD、シングル・スピード及びダブル・スピードのDXDに対応しています。

Burr-BrownのDACチップの4チャンネル「トゥルー・ネイティブ」デザインによって、PCMとDSDが別々の経路を通るので、これによってDSDもPCMも、アナログ変換までネイティブな形=「ビットパーフェクト」を保つことができるのです。これは他のブランドのすべての機器にあてはまるわけではありません。DSD対応とされていても、そういったDACの多くはDSD信号をPCMに変換しているのです。

XMOS 16コア・チップはUSBデジタル入力経由で(NEO iDSD/DiabloではS/PDIF経由でも)受信したオーディオデータを処理します。

この新しいローレーテンシーのXMOSマイクロコントローラーは処理能力が大幅に増強されています。現世代の8コアのチップと比較すると、この16コアのICはクロック・スピードが2倍(2000MIPS)に、メモリーが4倍(512KB)になっており、さらに最新のSuperSpeed USBの基準も満たしているのです。

iFiのデジタル開発チームは、このXMOSファームウェアを社内でプログラムして音質を最適化し、このBurr-BrownのDACとの完璧な組み合わせを確保しています。

MQA「レンダラー」による最後の「アンフォールド(展開)」とは違い、「3つのアンフォールド(展開)」によるフル・デコーディングを内部で実現することができるということです。

世界中の幅広い機能を備えたDACではMQAが重要な検討要素になっています。Tidal Masters、Audirvana、Roonで使用することができます。

バーブラウンの「トゥルーネイティブ」チップセットによって、ファイルのフォーマットを変えないこと、つまり「ビットパーフェクト」を保つことができます。録音時に使用されたフォーマットのままで、アーティストが意図した音楽をそのまま聞くことができるのです。

iFiの製品にはバーブラウンのチップセットを広く使用していますが、それは自然な音という「音楽性」と「トゥルー・ネイティブ」のアーキテクチュアが理由で選定しているのです。私たちはこのICに豊富な経験を持っているので、それを最大限に活用する方法を知っています。

Burr-Brownトゥルー・ネイティブ・チップセットを使用しているということは、ファイル・フォーマットが変更されずにそのまま保持される「ビットパーフェクト」であるということです。録音時に使用されたフォーマットのままで、アーティストが意図した音楽をそのまま聴くことができるのです。

iFiは幅広い製品にBurr-Brownを使用しています。そのナチュラルサウンドの「音楽性」と「トゥルー・ネイティブ」アーキテクチュアによって選定したものです。iFiはBurr-BrownのICに豊富な経験を持っているので、その能力を最大限に引き出す方法を知っているのです。

クワルコムが新開発したQCC518x Bluetooth処理ICを特製の回路と組み合わせて使用し、聴感上優れた「Bluetoothエンジン」を生み出しました。

現在利用できるすべての高解像度Bluetoothオーディオ・フォーマットをサポートしています — クアルコムのaptX Lossless、aptX Adaptive、SonyのLDAC、HWAのLHDC、通常のaptX、AAC(AppleのiOSデバイス)、SBC(普通のBluetoothコーデック)です。

24ビットの能力を持ったコーデック(aptX Lossless、aptX Adaptive、LDAC、LHDCなど)は、96kHzまでをサポートしています。

iFiの「Bluetoothエンジン」は、OTA(over-the-air)でアップデートすることができるので、将来的にはさらにコーデックが追加になる可能性があります。

バランス・ディファレンシャル回路設計は、左右チャンネルを完全に分離することで信号経路内のノイズとクロストークを低減する能力によって、長年にわたってもてはやされてきました。

「PureWave」は、信号経路が短くダイレクトなバランス・シンメトリカル・デュアル・モノ・トポロジーです。この名称は、並外れたリニアリティと限りなく低いノイズと歪みによって達成された純粋なサウンドを表しているのです。

iFiの他の多くの製品と同様に特製のOVシリーズ・オペアンプを搭載しています。このトップレベルの部品が、超低ノイズ、低歪み(0.0001%)、広帯域を実現するのに貢献しているのです。

設定の切り替えは音の透明度を確保するように設計されており、先進のトレンチ・テクノロジーを備えたMOSFETをミューティング・スイッチに使用しています。

このFETベースのスイッチングはマイクロコントローラーで処理されるのですが、設定を変更する時だけ「目覚める」ようになっており、音質を損なう干渉を排除しています。

TDKのC0G(クラス1セラミック)キャパシターが、共振回路のアプリケーションのために高い安定性と低損失を実現します。

純粋で周波数の安定したキャパシターの理論的理想にいっそう近づいたこれらのキャパシターが、キャパシター由来の歪みをゼロに近い低レベルに減少させます。

これらは高価ですが、弊社の製品にとっては完璧な追加部品なのです。

デジタル・ステージにはジッター除去テクノロジーが幅広く適用されており、これにはGMT(Global Master Timing)フェムト秒精度のクロックとインテリジェント・メモリー・バッファも含まれています。ジッターの問題を永久に解決するシステマティックなデジタル・ソリューションが何もしなくても最初から用意されているということです。

ムラタのコントロールタイプ、低ESR(等価直列抵抗)ハイQ多層キャパシターです。ムラタの「ESRコントロール」は特別なもので、そのノイズ抑制能力は印象的です。

テキサス・インスツルメンツの低ノイズICは、すばらしいユニティゲイン幅、超低ノイズ、超低歪み、高出力駆動能力、100dBを超えるコモンモード及び電源電圧変動除去比、最大出力電圧振幅帯域幅、高いスルーレートを実現します。

仕様

デジタル入力

USB3.0(USB2.0互換)

S/PDIF(同軸/光)

Bluetooth 5.4 (aptx、aptX Lossless、aptX Adaptive、LDAC、HWA/LHDC、AAC、SBC)

アナログ入力

シングルエンド3.5mm

クロック

外付けシンク・クロック 10MHz、1Vpp(min 600mV、5V max.)SinewaveまたはSquarewave

対応フォーマット(USB)

DSD512/256/128/64、

DXD(768/705.6/384/352.8kHz)、

PCM(768/705.6/384/352.8/192/176.4/96/88.2/48/44.1kHz)

MQA(フルデコード対応)

対応フォーマット(S/PDIF同軸、光)

PCM(192/176.4/96/88.2/48/44.1kHz)

MQA(フルデコード対応)

対応フォーマット(Bluetooth)

Bluetooth 5.4 (aptx、aptX Lossless、aptX Adaptive、LDAC、HWA/LHDC、AAC、SBC)

ライン出力

ライン出力レベル

XLR:(可変)19.5V最大、(固定)4.4V

RCA:(可変)10.5V最大、(固定)2.2V

ライン出力インピーダンス

XLR:100Ω以下

RCA:50Ω以下

S/N比

 -120dB(A)@0dBFS(XLR/RCA)

ダイナミックレンジ

120dB(A)以上@-60dBFS(XLR/RCA)

THD+N

0.0015%@0dBFS(XLR/RCA)

ヘッドフォン出力

ヘッドフォン出力レベル

4.4mmバランス:3.5V / 最大19.5V 12Ω - 600Ω負荷

6.3mmシングルエンド:10.5V/最大9.5V 12Ω - 600Ω負荷

ヘッドフォン瞬間最大出力

4.4mmバランス:>19.5V/650 mW (@ 600Ω); >13.3V/5,551 mW (@ 32Ω)

6.3mmシングルエンド:>10.5V/184 mW (@ 600Ω); >9.5V/2,832 mW (@ 32Ω)

ヘッドフォン出力(RMS)

4.4mmバランス:>19.3V/620 mW (@ 600Ω); >12.7V/2530 mW (@ 64Ω)

6.3mmシングルエンド:>9.7V/157 mW (@ 600Ω); >9.4V/1390 mW (@ 64Ω)

出力インピーダンス

<1Ω

S/N比

>120dB(A) (3.3V 6.3mm/6.2V 4.4mm)

ダイナミックレンジ

>120dB(A)

THD+N

<0.0015% (125mW @ 32Ω)

消費電力

無信号時:~5W

最大出力時:~13.5W

入力電圧

DC 9V/1.5A、AC100-240V、50/60Hz(iPowerII 12V付属)

リモコン用電池

CR2025

※製品に付属しておりませんので 別途お買い求めください

サイズ

214×158×41mm

重量

916g

保証期間

12ヶ月

標準的な小売価格

154,000円(税込)

JAN

5060738787609

※仕様は予告なく変更する場合がございます

ダウンロード

日本語マニュアル:

クイックセットアップガイド:

ドライバー / アプリケーション:

レビュー&ニュース

iFi audio NEO iDSD2レビュー!究極のオールインワンDACアンプが更にパワーアップして登場!

2023年11月21日

イヤホン・ヘッドホン専門店eイヤホン様にNEO iDSD2をご紹介いただきました。

iFi Audio NEO iDSD2 レビュー | シャープなサウンドと進化した機能に注目のDAC内蔵ヘッドホンアンプ iFi Audio NEO iDSD2 レビュー | シャープなサウンドと進化した機能に注目のDAC内蔵ヘッドホンアンプ
iFi Audio NEO iDSD2 レビュー | シャープなサウンドと進化した機能に注目のDAC内蔵ヘッドホンアンプ

2023年11月13日

フジヤエービック様にNEO iDSD2をレビューしていただきました。

NEO iDSD2発売のお知らせ NEO iDSD2発売のお知らせ
NEO iDSD2発売のお知らせ

2023年11月8日

ロスレスBluetoothなどの数々のアップグレードと「業界初」を贅沢に盛り込んだ「超レゾ」DAC&ヘッドフォンアンプNEO iDSD 2を発売します。