音楽の中に消えていく
iCAN Phantomは、先進のユーザー・インターフェースとネットワーク・コネクテッド・コントロール・システムを備え、静電型ヘッドホン用エナジャイザーを内蔵した新しいリファレンス・クラスのアナログ・ヘッドフォン・アンプです。

award

新たなる並外れたリファレンス

iFiの新しいリファレンス・クラスのアナログ・ヘッドフォン・アンプ、iCAN Phantomは、Pro iCANを受け継ぎ、さらにその性能を高めるために回路のあらゆる要素を洗練・強化し、今までは別個のコンポーネントであった静電型ヘッドホン用のPro iESLの技術を取り入れ、新たに先進的なユーザー・インターフェースとネットワーク・コネクテッド・コントロール・システムを追加しました。

その結果はどうか?まさにフラッグシップにふさわしいヘッドフォン・アンプとなりました。

卓越したビルド・クオリティ、洗練された技術力、比類のないスペック、驚くべき多用途性、あらゆるタイプのヘッドホンのサウンド・ポテンシャルをフルに発揮できるよう専用に設計されています。iCAN Phantomは、超高感度IEMから、最高級のダイナミック・ドライバー型や平面駆動型のヘッドフォン、そして最もパワーを必要とする静電型ヘッドフォンまで、リスナーの要求に絶妙に合わせた、真に卓越したヘッドフォン体験を提供します。

iCAN Phantomは、パワーアンプとスピーカー(またはパワード・スピーカー)に供給するハイエンド・プリアンプとしても機能し、ヘッドフォンとスピーカーのリスニングを1つの高性能オーディオ・システムに統合することができます。

フラッグシップのロールス・ロイス

iCAN Phantomの外観デザインは2つのユニットがあるように見えますが、実際はひとつの二重構造デバイスであり、マルチレイヤー回路設計により、その深さをフルに活用しています。頑丈なアルミニウムで作られている筐体の下部には前面と背面に各種接続端子があり、上部前面には物理コントロール部とOLEDカラーディスプレイがあります。

iCAN Phantomの天面には、平らなスモーク・ガラス・パネルが組み込まれており、アンプの回路と光るオーディオ用真空管を見ることができます。円形のアルミニウム製通気口は、内部の回路が過熱しないようにします。

前面の端子を使用しないときは、マグネットで背面に取り付けられているアルミパネルですっきりと隠すことができます。このパネルには、静電型ヘッドフォンのバイアス電圧設定用のデータカードも収納されています。また、iCAN Phantomには、魅力的で使いやすいアルミニウム製の高品質リモコンも付属しています。

二つの入力の物語

iCAN Phantomは、2つの入力ステージ(1つは真空管をベースにし、もう1つはソリッド・ステートをベースにしたステージ)を備えており、ユーザーはリアルタイムでこの2つの入力ステージを切り替えることができます。

まさに、3台のアンプが1台になっているようなもので、それぞれが異なるサウンドを表現します。

ソリッドステートはペースと即応性を提供し、Tubeモードは、流動性と自由な息吹のある上品なダイナミックスを加えます。そしてTube+は、真空管の音の影響を強調し、例えばアコースティックやボーカルの音楽スタイルに合うような、魅惑的でロマンチックな暖かさを提供します。

GE5670の寿命は約10,000時間。交換の際には、iCAN Phantomのスモーク・ガラス・パネルを簡単に取り外すことができ、数分で交換が完了します。このアンプは6922にも対応しています。

※iFi audioが指定する真空管以外の使用は保証対象外となります。

静電型に素晴らしい!

多くのヘッドフォンは、ダイナミック型(またはムービングコイル型)ドライバーを使って空気を振動させ、音を作ります。少数のヘッドフォンでは平面駆動型振動板を採用しており、形や動作は異なりますが、やはり磁界を使って動かしています。ヘッドフォンのハイエンドモデルには、もうひとつ、稀ではありますが素晴らしいサウンドのドライバー・タイプ、静電型があります。

静電型ドライバーには、別個のエナジャイザーが必要です。iCAN Phantomは、iFi独自のスタンドアローン型iESLエナジャイザー・テクノロジーと通常のアンプ・テクノロジーを統合し、あらゆるヘッドフォン・タイプに対応するアンプを1台で実現しました。

また、静電型ヘッドフォンで高いパフォーマンスを発揮するために必要なコンポーネントと巧みな回路設計が、他のヘッドフォン・タイプでもアンプのパフォーマンスを向上させるため、すべてのユーザーにとってメリットがあります。

バイアス電圧の簡略化

静電型ヘッドフォンは、バイアス電圧に関して様々な要求があります。

iCAN Phantomには静電用に2つの出力があり、1つは230Vの「通常の」バイアス電圧、もう1つは500Vから640Vの間でユーザーが選択できる可変バイアス電圧です。間違った電圧を選択した場合、ヘッドフォンを損傷する可能性があります。

この可能性をはるかに低くするため、iCAN Phantomには、異なるバイアス電圧を指定する複数のデータ・カードが用意されています(アンプに同梱されています)。それぞれ500V、540V、580V、600V、620V、640Vのカードがあり、裏面には、どのヘッドホン・ブランドがその電圧に対応しているかを示す便利なガイドが付いています。

あらゆる接続に対応

iCAN Phantomは、バランスとシングルエンドの幅広い接続オプションを提供します。ヘッドフォン出力端子は前面に、ライン入力とプリアンプ出力端子は背面にあります。概要は以下の通り:

  • ライン入力- バランスXLR(L/R)×1、RCA(L/R)×3
  • ヘッドフォン出力 - 3ピン・バランスXLR(L/R)×1、4ピン・バランスXLR×1、4.4mmバランス×1、6.3mm(正相)×1、6.3mm(逆相)×1、3.5mm×1(歪みを50%カットするS-Balancedテクノロジー搭載)
  • 静電型ヘッドフォン出力 - 6ピン・ノーマル・バイアス×1、5ピン・カスタム・バイアス×1
  • プリアンプ出力 - バランスXLR(L/R)×1、RCA(L/R)×1

iFi Nexis - ネットワーク接続コントロール

iCAN Phantomは、iFi Nexisを組み込んだ最初の製品です。このモジュールは、アプリと組み合わせて、包括的でスケーラブルなネットワーク接続制御システムを提供します。

Nexisが提供する機能は、時間とともに増えていきます。発売当初、Nexisアプリは、AndroidまたはiOSデバイスをiCAN Phantomの「スーパー・リモート・コントロール」として機能させ、アンプの前面パネルや標準リモコンではアクセスできない追加機能にアクセスできるようにします。

このアプリは診断情報を表示し、iCAN Phantomの動作状態をリアルタイムでモニターすることができます(電圧、真空管の状態や予測寿命など)。また、iCAN Phantomのファームウェアに無線アップデートを適用し、自宅のWi-Fiネットワーク経由でアップデートファイルをダウンロードしてインストールすることもできます。

Nexisと互換性のあるiFiデバイスの数が増え、アプリの機能が拡張されるにつれて、ネットワークに接続されたiFiの「エコシステム」が発展します。これにより、ソフトウェア主導の追加機能を既存のiFiデバイス間で配信・共有できるようになるほか、直接的なテクニカル・サポート・サービスや、アプリ内のオンライン・ストアを提供できる可能性もあります。

技術仕様

iCAN Phantomのキャパシティブ・バッテリー電源は、もともとPro iESL用に開発されたもので、iCAN Phantomの高い性能に不可欠なものです。主電源のスイッチ・モード昇圧回路に頼るのではなく、定格1,000V DCのフィルム・コンデンサーの大容量バッテリーをAC主電源で充電し、時々補充します。この「バーチャル・バッテリー・パック」は、ACノイズやスイッチング・ノイズから完全に解放されたピュアなDC電源を供給します。

バランス回路設計は、ハイエンド・アンプ設計におけるオーディオの卓越性への正しい道と長い間考えられてきましたが、「バランス」という用語はさまざまな意味で使われ、必ずしもどれも同じ意味とは限りません。iCAN Phantomはバランス回路設計を極限まで追求し、入力から出力まで完全に差動化することで、信号経路におけるノイズとクロストークを最小限に抑え、究極の音の純度を実現します。

基本的に、"完全差動 "回路設計(私たちはそれを "トゥルー・ディファレンシャル・バランス "と呼んでいます)とは、各チャンネル(左と右)が回路設計の中で完全に分離され、これらの各チャンネルには、レベルは等しいが極性は逆(プラスとマイナス)の2つの別々の信号があることを意味します。このため、左チャンネル用に2つ、右チャンネル用に2つ、合計4つの独立したアンプ回路が必要となり、シングルエンド回路設計よりもはるかにコスト高で複雑な実装が必要となりますが、音質的な見返りは非常に大きなものとなります。

iCAN Phantomのトゥルー・ディファレンシャル・バランス回路は、6つのデッキを持つボリューム・コントロールに結合されています。各チャンネル(プラスとマイナス)に2つのデッキがあり、最後の2つのデッキはボリューム・コントロールの動作をモニターするために使用されます。
モーター駆動のボリューム・コントロール・ポテンショメーターは、非常に高品質な日本のALPS社によるカスタムメイド品を採用しています。

iCAN Phantomは、他のヘッドフォン・アンプとは一線を画すいくつかのユニークな機能を備えている。その1つが、2つの入力ステージ(1つはバルブ/チューブ・ベース、もう1つはソリッドステート)を内蔵し、ユーザーがリアルタイムで2つの入力ステージを切り替えられることです。これらの入力ステージは完全に分離しているため、信号経路を複雑にすることなく(例えば、1つの回路からバルブを出し入れすることで)、最適な純度を保つために短くダイレクトに保つことができます。

完全ディスクリートのクラスAソリッドステート入力段はJ-FETを使用し、全バルブ・クラスA回路は、6922真空管の高級品であるゼネラル・エレクトリック5670真空管を手作業で選別し、コンピューターでマッチングさせたペアを搭載しています。このステージには、ユーザーが選択可能な2つのモードがあります。TubeとTube+だ。後者は全体のループゲインとネガティブフィードバックが最低限に抑えられ、真空管の自然な高調波歪みとトランジェント特性との間で異なったサウンドのパースペクティブが生まれるのです。

iCAN Phantomには、ヘッドフォン用とスピーカー用の2つの独立したスペース・アナログ・マトリックスが搭載されており、2つのマトリックスを自動的に切り替えることができます。

ヘッドフォン用XSpaceは、スピーカーでミキシングされた音楽をヘッドフォンで聴く際に発生する「頭内定位」効果を補正するように設計されており、ヘッドフォンのサウンドステージを効果的に広げ、スピーカーのようなより広々とした体験を提供します。スピーカー用のXSpaceは、スピーカーの配置によって決まる幅以上に、見かけ上のサウンドステージの幅を広げます。

XSpaceは複数の段階を備えており、好みに応じて選択したり、オフすることで信号経路から完全に切り離したりすることができます。

XBassは独自のアナログ回路で、低域を強調するために使用され、その洗練された機能により、低域の明瞭さを維持しながら、中域を濁すことなく低域を強調することができます。これは、例えば、低音が軽く聴こえるオープンバックのヘッドフォンなどに有効で、リスナーがアーティストの意図した低域を聴くことができるように低音を「補正」します。iCAN Phantomは、10Hz、20Hz、40Hzの3つのXBassステップを提供し、またオフすることで信号経路から完全に切り離すこともできます。

トランスの品質は音質にとって非常に重要であり、iCAN PhantomがカスタムメイドのPPCT(ピンストライプ・パーマロイ・コア・トランスフォーマー)を搭載しているのはそのためです。このトランスは、GOSS/Mu-Metalハイブリッド・コアに、非常に細いワイヤーを高精度に手作業で巻いた、垂直セクション及び水平セクションに複雑なマルチセクションの巻き方を採用しています。このトランスは、非常に広い帯域幅、超低歪み、完璧な直線性が得られます。

0dB、9dB、18dBの3段階のゲイン設定により、アンプは接続されたヘッドホンに正確にマッチします。ユニティ・ゲイン(0dB)は、より高感度なヘッドホンやIEMで低ノイズを確保するのに有効で、より高いゲイン設定は、よりタフなヘッドホンの負荷を最大限に活用し、優れたダイナミック・ヘッドルームを実現します。

ダイナミック型、平面型ヘッドフォン、IEM用。

このiFi独自の回路は、高感度IEM(インイヤーモニター)に適した出力に減衰させ、潜在的なバックグラウンドノイズを除去し、使用可能な音量範囲を広げます。これはオプションで3.5mmとバランス4.4mm出力に適用できます。

ダイナミック型、平面型ヘッドフォン、IEM用。

iCAN Phantomは非常にパワフルなヘッドフォンアンプで、バランス出力からは15,000mW以上、シングルエンド出力からは16Ω負荷で5,760mW以上の出力が可能です。電圧に関しては、600Ωの負荷に27V以上を供給でき、静電型ヘッドフォンでは最大640Vを供給します。

仕様

ゲイン

0dB、9dB、18dB

周波数特性

0.5Hz 〜 500kHz(-3dB)

高調波歪率

ソリッドステート; ≦0.0015%(バランス) / ≦0.007%(シングルエンド)

Tube; ≦0.002%(バランス) / ≦0.006%(シングルエンド)

Tube+; ≦0.012%(バランス) / ≦0.2%(シングルエンド)

SN比

>145dB(A)(バランス) / >130dB(A)(シングルエンド)

ヘッドフォン瞬間最大出力

>15,000mW (@16Ω)(バランス) / >5,760mW (@16Ω)(シングルエンド)

ヘッドフォン瞬間最大出力電圧

>27.0V (@600Ω)(バランス) / >14.0V (@600Ω)(シングルエンド)

ヘッドフォン出力パワー(RMS)

>9,030mW (@ 32Ω)(バランス) / >3,120mW (@ 32Ω)(シングルエンド)

ヘッドフォン出力電圧(RMS)

>20.9V (@600Ω)(バランス) / >10.9V (@600Ω)(シングルエンド)

ESL出力電圧

640V RMS max.(Custim/Pro) / 320V RMS max.(Normal)

入力電圧 (iCAN Phantom)

DC 12V/4A または 15V/3A

入力電圧(iPower Elite)

AC 85 – 265V、50/60Hz

消費電力

< 22W(アイドリング時)、75W(最大)

リモコン用電池

CR2032

※リモコン本体には付属しておりません。

サイズ

256mm×185mm×120 mm

重量

4.2kg

標準的な小売価格

660,000円(税込)

JAN

5060738787463

保証期間

12ヶ月

※仕様は予告なく変更となる場合がございます。

ダウンロード

日本語マニュアル:

レビュー&ニュース

iCAN Phantom受注開始のお知らせ iCAN Phantom受注開始のお知らせ
iCAN Phantom受注開始のお知らせ

2023年11月15日

iFiのフラッグシップ・アナログ・ヘッドフォン・アンプ新製品「iCAN Phantom」の登場です。